FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ多くの化粧品にはコラーゲンがつかわれているか?

なぜ多くのスキンケアには、コラーゲンが必ず入っているのか・・・・・
という質問がきましたのでここでご紹介させていただきま~す。

ここで先に言っておきますが、私は医者ではありませんので、
あくまでも参考にしてください。

コラーゲンやヒアルロン酸またプラセンタなどの成分はとても分子が大きいため、
塗布しただけでは肌に吸収することはありません。
ただエレクトロポレーションや注射を使って入れれば話は別です。

しかしコラーゲンやヒアルロン酸は肌の上で肌を守る働きがあります。
コラーゲンやヒアルロン酸を肌に塗布すると、肌上に膜をつくります。
見えないマスクをしてるのと同じこと。
そして空気中にある水分を吸収するのです。
ということは、肌の上に作ってる膜が水分を含みながら肌を乾燥から守り、
汚れた外気から肌を守っているのです。
そしてその膜は肌にハリを与えてくれます。
ただしコラーゲンの濃度が高くなくては、これらの働きもないと思われます。

例えるならば、唐揚げをする時にころもを野菜やエビなどにつけますが、
小麦粉に水を多く入れころもを水っぽくすると、しっかりところもがつかないですよね。
そして、油にいれるところもがはげて中味が丸出し。

コラーゲンの濃度が低いと肌に膜もしっかりとつかずあまり働きがありません。


また質の良いコラーゲンは肌にある傷などの治癒の目的にも使用されます。

D-Moreの美容液に使っているコラーゲンは、完全なオーガニックそして、
濃度が通常の化粧品に使われているコラーゲンと比較すると約8倍高いのです。

高濃度コラーゲンのセラム

ディボーテッドコラフェクトセラム825

オーガニックコラーゲン5%とヒアルロン酸10%も含まれたセラム。
コラーゲン5%、でも通常の8倍の濃度。
パラベンフリー
ホワイトティーエキスも含まれてます。
このホワイトティーというのも、今私がはまっている貴重なもの。
日本ではあまり手にはいりずらいです。
と話しがそれましたが、
コラーゲンが作った肌上の膜は、肌を乾燥や外気から守ってくれてるわけです。

と半分宣伝になってしまいました。
長くなりましたが、こんな感じで質問の答えになったかな~
もっと詳しい内容は、HPでご覧下さいませ。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-More

Author:D-More
D-Moreのブログにようこそ。
肌の健康を考えたスキンケア。アンチエイジングのためのブログです。

Facebook Page
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Web page translation
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。