FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に残った言葉

瀬戸内寂聴さんが、被災者の方達に向けておしゃっていました。
「一日に一回でも心から笑えることを見つけてほしい」

お腹を抱えて笑えることが一日も早く出来るようになってほしいです。

小学生の時、とても仲の良い友人といつも帰り道に笑ってた。
それも道に倒れてまで笑ってた。
被災地にいる子供達が早く笑顔でそして大笑いしながら、
お友達と通学できる毎日になるようになってほしい

「笑う門に福来る」という言葉もあるもんね。

実は、私自身も先週から笑うことを心がけてます。
そしたら、なんだか沢山楽しいことがあったよ

笑うことは医学的にもとても大切なことだと良く聞きますよね。

Wikipediaで以下のようなことがかかれていますよ。

生理的な効果
笑いによって自律神経の頻繁な切り替えが起こる。

この結果、交感神経と副交感神経のバランスの状態が代り、副交感神経が優位の状態になる。
副交感神経は、安らぎ・安心を感じた状態のときに優位で、副交感神経が優位な状態が続くとストレスが解消され
る。
交感神経は、怒りや恐怖を感じたときなどの異常な事態の時に優位になる。したがってその状態が長く続くとストレスの原因になる。
身体中の様々な器官に刺激が与えられる。
NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化しガンの予防と治療の効果がある。
自律神経の頻繁な切り替えによる脳への刺激により、神経ペプチド(免疫機能活性化ホルモン)が全身に分泌される。NK細胞には神経ペプチドの受容体があり、NK細胞は活性化される。NK細胞は癌細胞などを攻撃する免疫細胞のひとつ。
糖尿病の治療にも有効との研究がある。

医学的証明
笑いというのは体にとってよい影響を及ぼす。笑うことで頬の筋肉が働き動くことにより、ストレスを解消し、また鎮痛作用たんぱくの分泌を促進させ、ストレスが下がることにより血圧を下げ、心臓を活性化させ運動した状態と似た症状を及ぼし、血液中の酸素を増し、さらに心臓によい影響を与えることから、循環器疾患の治療に用いられることもある。

 Wikipedia

良いことづくめだね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-More

Author:D-More
D-Moreのブログにようこそ。
肌の健康を考えたスキンケア。アンチエイジングのためのブログです。

Facebook Page
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Web page translation
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。