FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五感を磨く (触れる)

海外では、日本に比べると人と人と肌で触れ合う機会が多いですよね。
握手、ハグ、キス。
親と子の間でも、ハグやキスは当たり前の行動。
年頃の男の子、女の子でも、お母さんやお父さんに、行ってきます、おやすみなさいと
ハグしてキスするのを見ると、こちらまでなんだか幸せな気分になります。


kissbaby

生まれて間もない人間を含めた哺乳類動物は、タッチなしには生き延びれないと言います

cuddly monkey

母親に放棄された生まれたばかりのお猿ちゃん。人間が助けなければ生き延びれなかったでしょうね。
ぬいぐるみにつかまって寝ているけど、お母さんに抱きついてるつもりなんでしょう。
親でなくても愛さえあればいいのです。


よく犬が猫の子供にお乳をやったりしてる動画などもよく目にします。
見るたびに動物の母性愛の素晴らしさに感動します。

肌はすごいセンサーを持っているのです。
触ることはエネルギーを感じたり、エネルギーを与えたりすることであり、
また触るという行為は意図的で、とても感情的なコミニケーションのメソードだと私は思います。
触り方で表現できることが沢山あるからです。

現在ではタッチセラピーといものもありますよね

また、マッサージやオイルトリートメントなど、人が痛みなどから解放されるために私達は人に
に触れられ痛みを和らげたりしています。

そんな“触れる”とい行為を重要なコミュニケーションツールであると頭に入れていると、
初めて出会った人と握手を交わしたり、愛おしい我が子を抱きしめたり、
久しぶりに友人と再会した時に思わずハグしあったり、
大切な人と手を繋いで歩いたり、大切な親の肩にそっと手を置いてみたり・・・・
触れるもの全てに自分のエネルギーを与え、相手からエネルギーもらっているんだと思うと
触れるという行為がとても大切なことだと思えてきます。そしてそのコミュニケーションに
もっともっと気を配るべきなのだと思います。

これはあくまでも、”触れ”るということについて私が感じた事です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-More

Author:D-More
D-Moreのブログにようこそ。
肌の健康を考えたスキンケア。アンチエイジングのためのブログです。

Facebook Page
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Web page translation
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。